子供が独立した後の子供部屋の扱い方

子供が独立した後の子供部屋の扱い方

独立した子供の部屋は思い出として残しておきたい感じもす・・・

子供が独立した後の子供部屋の扱い方
独立した子供の部屋は思い出として残しておきたい感じもするし、子供が訪ねてきた時のために専用の部屋としてとっておきたいと云う気持ちも残ります。
しかし部屋数に余裕があればよいですが、そうでない時は親のための部屋か物置になります。
有効利用とすれば、やはり親の趣味の部屋になりそうです。
簡単なビデオシアターにしてみたり、趣味の色々な作品の展示場にしてみたりもできます。友人をよんでおもてなしをする簡単なパーティ会場にするのも良いでしょうし、少し模様替えして友人と知人の宿泊場所にするのも良いでしょう。
また趣味の延長になるわけですが、自分の特技を生かした教室に使うのも良いでしょう。学習塾の開設も良いでしょう。子供が結婚して孫を連れて来るかもしれないので、幼児向けの部屋に改装することも出来るでしょう。もう一つ夫婦の部屋として利用する方法もあります。別の部屋があるということは夫婦にとっては気分が変わり、新鮮な気持ちが持続できることになります。

Copyright (C)2019子供が独立した後の子供部屋の扱い方.All rights reserved.