子供が独立した後の子供部屋の扱い方

子供が独立した後の子供部屋の扱い方

自分の子供時代の部屋はすでになく

子供が独立した後の子供部屋の扱い方
自分の子供時代の部屋はすでになく、父親の仕事場に変わりましたが、よほど思い入れのある場所でも無い限り、使わなくなった部屋は別の用途に使用することを考えるべきでしょう。
実際子供部屋というのは、子供が家から独立してしまえば空き部屋になる運命だし、せいぜい物置になるのが関の山です。
現代は子供が親と同居すると言う例も少なくなっているし、親としても年を取れば家の広さが掃除などで余計な負担になってくるのも事実です。
したがって子供部屋はいつまでもそのままにしておかず、早めに処分するのが一番です。

結局家と言うのは、そのときにその場所に住んでいる人間に最も使いやすいようにするのが一番だし、時代によって変わっていくものだと考えるべきでしょう。変化を当然の事として受け入れられれば感傷に浸りすぎず、処分すべきは処分するものとして割り切れるわけです。
特に親は歳を取って二階に上がることも難しくなるときがいずれ来るのだから、その時のためにも必要の無い子供部屋はつぶしてしまうことを考えましょう。

Copyright (C)2019子供が独立した後の子供部屋の扱い方.All rights reserved.