子供が独立した後の子供部屋の扱い方

子供が独立した後の子供部屋の扱い方

結婚して子供が生まれ

子供が独立した後の子供部屋の扱い方
結婚して子供が生まれ、そして、その子供が成人になり結婚するので家を出るというのが社会の仕組みです。

私の家では、妹が結婚して実家から独立しました。
実家では、6畳の一部屋を利用していましたが、現在は、妹の持ち物だった家具やタンスなどが、そのまま保存されています。普通、持ち物などは全部、新生活拠点の方へ移す人が多いです。
独立後の子供部屋は、兄弟が利用するか、親が物置として利用するかどちらかになります。
子供部屋の一番多い利用法は、生活用品などを置くスペースにすることです。
着なくなった洋服、クリーナー、暖房器具など様々なモノを置いたりします。部屋が多くあれば、子供部屋はそのまま保存できますが、独立後は、物置として扱うケースが多いです。

でもスポーツ選手で記録や優秀な成績を残した人は、記念の品を置いている人もいます。子供の思い出、教科書などをダンボールに保存して残している人もいるでしょう。部屋の利用法はそれぞれ違うので、子供が帰った時に、懐かしさを感じられる部屋にしておくのがベストです。

Copyright (C)2019子供が独立した後の子供部屋の扱い方.All rights reserved.