子供が独立した後の子供部屋の扱い方

子供が独立した後の子供部屋の扱い方

結婚して家を出た兄の部屋は、現在趣味の部屋として活用さ・・・

子供が独立した後の子供部屋の扱い方
結婚して家を出た兄の部屋は、現在趣味の部屋として活用されています。服を作ることが好きな母は、小さな物をこつこつ作っていました。

しかし、兄の部屋が空いたことで本格的に趣味部屋を作り、使っています。
もともと机やクローゼット、収納スペースもある兄の部屋です。
少し模様替えをするだけで、完全な趣味の部屋として使えました。
自分の部屋と趣味の部屋を分けたことにより、集中して作業ができると母は喜んでいます。確かに作業途中でも片づけることなく、そのままにして使える部屋があるのは、母としても作業がしやすくなり、効率よく服作りを楽しんでいるようです。

またベッドも残っているので、そこで友人が宿泊することがあります。今までは泊まるところがなく友人を宿泊させることが難しかったですが、兄の部屋が空くことで、そこでゆっくりと過ごしてもらえるようになりました。
物置などにしてしまうのではなく、ちゃんと使えるスペースとして活用することが活用できるコツだと思います。

Copyright (C)2019子供が独立した後の子供部屋の扱い方.All rights reserved.