子供が独立した後の子供部屋の扱い方

子供が独立した後の子供部屋の扱い方

家を建てる時に、部屋数をどうするかは誰でも迷うものだと・・・

子供が独立した後の子供部屋の扱い方
家を建てる時に、部屋数をどうするかは誰でも迷うものだと思います。実際、子供を何人作るかを考えないと、子供が小さい時は男女ごちゃまぜで子供部屋ってことでいのかもしれませんが、思春期になってくると個室も必要になっていきます。
ただ、将来的に子供が独立してしまうと、帰省したときの部屋か、物置に使うしかないことも多いでしょう。ただ、物置にしてしまうと、ちょっとした時のお泊り部屋にもできません。私のオススメは、趣味の部屋にしてしまうのがいいのかなとか思います。
例えば定年退職してしまうと、仕事ばかりだった場合、そこから何か見つけるのに苦労される方も多いかもしれませんが、趣味専用の部屋として使っていくと、長く継続できる趣味であれば、子供の独立後の部屋としてもいいと思います。奥さんと旦那さんが共同で同じことをするのもいいですが、一人になれる空間としての活用は1つの夫婦のいい関係を作る要素でもあります。

Copyright (C)2019子供が独立した後の子供部屋の扱い方.All rights reserved.